utalog

~思いついたことをそのままに~

*

「アメリカと北でやっとけ」海老蔵ブログに賛否。

   

歌舞伎俳優の市川海老蔵氏(以下敬称略)が自身のブログで「朝から不快」とのタイトルで北朝鮮のミサイル問題に不快感を示した。そして「アメリカときたでやっとけ」との言葉に多くの賛否が集まっているようです。

市川海老蔵画像

出典:https://pics.prcm.jp/kodomoyahoo/66214777/jpeg/66214777.jpeg

  • 「アメリカと北でやっとけ!日本を巻き込むな」の意図は?
  • 市川海老蔵の主張は通る?

「アメリカと北でやっとけ!日本を巻き込むな」の意図は?

「Xデーってなんだよ、ふざけるな!」

市川海老蔵はブログで不快感を示していました。

4月15日は金日成国家主席生誕105周年であり、北朝鮮が軍事パレードを行った日です。その一環としてミサイル発射か核実験の実施が予想されており、核実験すればアメリカは先制攻撃をするという報道がされていました。

軍事衝突が起きれば日本も日米同盟の盟約により支援することになります。さらに軍事衝突が戦争に繋がる可能性があり、米軍基地がある日本にも影響が及ぶのは必至。つまり戦争が起こるかもしれない日、という意味で15日に「Xデー」という言葉が使われていたようです。

そして市川海老蔵は

「アメリカと北でやっとけ!日本を巻き込むな」

という怒りの言葉をブログでぶつけました。

言いたいことはわかります。「戦争なんかするな」と言いたかったのでしょう。

その後のブログで「戦争なんて愚かなこと」「スポーツで争えば十分」と持論を展開しています。

これは市川海老蔵のみならず、誰しもが思っていることです。戦争の代わりがスポーツで済めばどれだけ幸せか。しかし政治が絡んでくる以上、避けられないことでもあります。

実際市川海老蔵の「アメリカと北でやっとけ!日本を巻き込むな」という言葉には「そう願いたい」「最もだ」など多くの賛同と共に多くの批判も集まっている。

「やっぱりバカだ」

「平和ボケもここまでくると才能か」

「エビらしいね。勉強しよう~」

市川海老蔵本人は「安保とか拉致問題とかあるのは重々承知」としたうえで自身のブログの解説を次のように説明している

「今回は安保なのかね?アメリカの武力行使でしょ?その挑発に乗っているのは北朝鮮であって、そんなことでミサイル日本に打ち込むな」

ということです。

市川海老蔵の主張は通る?

市川海老蔵の主張は正しいのでしょうか?

市川海老蔵の主張している「アメリカの武力行使」という点は確かに間違ってはいないかもしれません。しかし「そんなことで日本にミサイルを打ち込むな」というのは大きな誤りです。もし軍事衝突が始まってしまうと米軍基地がある日本の地域は標的にされる可能性は高いです。それでも他人顔で「勝手にやっとけ」というのであればただの平和ボケです。

日本は憲法第九条で戦争放棄を謳っています。誰しも戦争をしたくはありません。スポーツで済めばどれほどいいことか。しかし、日本は独力で国防が可能なほど戦力を維持していません。なので有事の際に米軍の力を借りることは必ず必要になってきます。

スイスは永世中立国として機能しています。ご存知の方も多いと思いますが、その理由として自国の軍事が非常に強いことが挙げられます。ヨーロッパでは重武装国家としても名高いですよね。

「永世中立国なのに何故?」

と思う方もいるかもしれません。中立を守るということと武力を持たないということはイコールではないからです。武力を持たないのに中立を謳っていても戦争が起こればあっという間に占領されてしまいますよね。中立を守るということは「他国の属国にならなくてもいいくらいの武力が必要」ということです。当然兵役の義務もあり、軍人数も人口割合から考えるとかなり高い数字と言えます。

スイスは、国民皆兵(19~34歳の男性全員に兵役の義務)、人口800万人国防軍15万人(全人口の1.875%)であるから、これを日本に当て嵌めて単純に計算すると、日本の人口1億2781人の1.875%は、239万6437人となる。
自衛隊の総兵力は約24万人(女性1万2300人)、対人口比で主要国中最低水準だ。
スイスをモデルにするならば、現在の約16倍の兵力を保有する必要がある。

参照:http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/014d4ace9dbb28cade3dcde609c314f0

スイスを例に当てはめると、戦争を放棄して中立を謳うならこのくらいはやる必要があるということです。隣国の中国の軍隊の人数は日本の10倍、軍事費は日本の4倍以上です。何もせずに「戦争放棄。戦争反対」を謳っているだけだと有事の際にどうなるかは言わずもがなです。

市川海老蔵の「アメリカと北でやっとけ!日本を巻き込むな」という主張は日本の現状を無視したあくまで願望というほかありません。もちろん戦争が起こらないに越したことはありませんし私も戦争が起こらないことを望みます。

 - 俳優, 芸能