utalog

~思いついたことをそのままに~

*

SMAP解散について木村拓哉(キムタク)は悪い?悪くない?

   

SMAP解散が発表されて2日経ちました。スポーツ紙やテレビは香取慎吾を戦犯に仕立てて木村拓哉擁護の記事が目立つ。しかし木村拓哉はSMAP解散を避けるために、存続のために一体何をしたのだろうか?

SMAP

  • 木村拓哉(キムタク)=悪はメディアの偏った報道が作り出したもの?
  • 木村拓哉(キムタク)は悪くない?そもそもSMAP解散の原因は?

木村拓哉(キムタク)=悪はメディアの偏った報道が作り出したもの?

今回SMAPの解散が発表され世間は大騒ぎです。大元の原因はメリー喜多川副社長が飯島三智マネージャーに対して「SMAPを連れてでていけ」と言ったことが今回のSMAP解散に繋がっているのはご存知の方も多いと思います。しかし一度SMAPは解散しないと決まったのにわずか7ヶ月足らずで再び解散が決まったことに驚いた方は多いのではないでしょうか?世間では木村拓哉が悪い、スポーツ紙やテレビでは香取慎吾が悪いと言った話が聞こえてきますが、今回解散に繋がってしまった理由は何なのでしょうか?

1月のSMAP独立騒動の時もそうでしたが、SMAP関連の話になるとスポーツ紙はこぞってジャニーズ事務所寄りの記事、テレビは独自取材をせずスポーツ紙を読み上げるばかり。スポーツ新聞は香取慎吾を戦犯にしている記事が多く、スポーツ紙を紹介しているだけのテレビでも必然的に香取慎吾が悪いを言う印象になってしまっている。どちらの立場に立つかで考え方が変わるのはわかるがそれにしても右へ倣えが多すぎやしないだろうか。

ところが今回はさすがに無理があったのだろう。「SmaSTATION!!」で共演するテレビ朝日の大下容子アナがワイドスクランブルで香取慎吾を擁護するコメントを発し称賛を浴びている。普通は双方擁護や批判のコメントが出るものだがジャニーズ事務所やキムタク擁護のコメントしかでないことが逆に不信感を募らせているのが現状である。

木村拓哉(キムタク)は悪くない?そもそも解散の原因は?

1月の週刊文春の小杉理宇造氏のインタビューでは「木村拓哉は最初から事務所残留を希望していた」と言っていたのに8月25日号の週刊文春の小杉理宇造氏のインタビューでは木村拓哉も最初は独立に賛同していたことになっている。話がコロコロ変わりますね。

ちなみに文春によると木村拓哉の合意がなければ飯島三智マネージャーが独立を考えることもなかったという話です。しかし独立の動きを察知した工藤静香が木村拓哉を必死に説得し、結局土壇場の12月中旬にジャニーズ事務所に残ることを決めたのだそうです。

要は木村拓哉の家庭の事情で独立から残留になったわけですよね。それで行き場を失った飯島三智マネージャーは騒動の責任を取って退社、SMAPの他のメンバーは謝罪会見で公開処刑のような謝罪をする羽目になったのです。それだけでなく独立に加担しようとしたSMAPメンバーはジャニー社長はじめジャニーズ事務所の関係者達、寂しい思いをした木村拓哉にも謝罪をするのがジャニーズ事務所に残る条件だと小杉理宇造氏は言っているのでジャニーズ事務所内に向けても謝罪は行ったのだと思います。

おかしな話です。木村拓哉の家庭の事情で土壇場で心変わりしたのだから謝罪すべきなのはどちらなのでしょうか。ちなみに謝罪したかどうかについて書かれている記事がこちら。

そもそも、一連の騒動は木村が裏切って頓挫したわけです。その結果、飯島マネージャーは事務所を追われることになった。そして、4人も芸能界追放の危機にさえおちいっていた。普通なら、木村が4人に謝罪をするというのが普通で、彼らも残留を決意したときは木村がそういう行動を取ってくれるだろうと期待したようなんです。ところが、木村は一切謝罪せず、逆に、公開謝罪で不遜な態度を見せ、中居にとってかわってリーダー然と振る舞い始めた。それで、香取、草なぎが激怒し、一気に関係が険悪になっていったんです。

実は中居は、内心、腹を立てながらも、SMAP存続のために、4人に謝罪をするよう木村に働きかけていたという。「このままだと、SMAPが空中分解してしまうから、内々でいいから、謝ったほうがいい」と。ところが、木村はそれを拒否し、それどころか、ジャニーズ事務所は再び木村の仕切りをごり押ししてきた。これが解散の決定打になったというのだ。

参照元:http://lite-ra.com/2016/08/post-2496_3.html

「27時間テレビ」でさんまが中居正広に執拗にSMAPが歌わないことについて質問していましたが、この時中居正広が「木村に聞いてくださいよ」とポロリと発言したことはこのことが原因だったようです。

ちなみに木村拓哉の言い分とも取れることが8月17日発売の週刊新潮(木村拓哉が「だったら4人をクビにして」と言ったいう過激な見出しでSMAPを特集しています)に書かれています。謝罪会見後すぐ後のスマスマの収録では「もう終わったことじゃんか。前を向いて行こうぜ!」と言ってメンバーの肩を叩いて回ったそうですが稲垣や草彅は完全に無視。その後も全く相手にされず、自分は歩み寄っているのにとかなり頭にきていていたということです。

双方の考え方を知ると何が原因かわかってきますね。家族がいる木村拓哉が「土壇場で決断を翻したこと」はある意味仕方のないことかもしれません。しかしそれで今まで苦労を共にしてきたSMAPの仲間や今まで面倒を見てくれていた飯島三智マネージャーに迷惑をかけたことは間違いないですよね。それについて申し訳ないという気持ちが木村拓哉にはなかったのでしょうか?もし謝罪していればSMAPが解散することはなかったのかもしれませんね。

木村拓哉が悪いかどうかについては個人の見方で変わりそうです。28年間苦労を共にしたSMAPのメンバーに謝罪しなかったことが悪いと思うのであれば木村拓哉が悪い、別に悪くないと思うのであれば木村拓哉は悪くないという見方になりそうですね。

 - 男性歌手, 芸能 ,