utalog

~思いついたことをそのままに~

*

男性がLINEで既読スルーや未読スルーする理由とは?

      2016/02/27

最近よく「何故男性はLINEを既読スルーや未読のままにするのか?」とよく聞かれます。もちろん理由はあると思います。しかし好きな人にLINEを既読スルーや未読のままにされると気になって仕方がないのが女心。そこで今回は男性代表として男性がLINEを既読スルーや未読のままにする理由について考えてみました。

男性はなぜLINEで既読スルーや未読のままにするのか

LINEの既読スルーや未読スルーって男性側に多いみたいです。もちろん理由は様々あると思います。自分ひとりの意見じゃ説得力に欠けるので男性代表と言いつつも周りの友人にも聞いてみました。既読スルーも未読スルーも案の定いろいろな理由が出てきました。

LINEは見たけど忙しかった

とりあえず気にはなってLINEを見るはみるけど

忙しくて返事ができない

ということはよくあるみたいです。

連絡をマメに取りたがるのはどちらかといえば女性ですよね。男性は時間があるときは相手したいけど、仕事があるとどうしてもそちらを優先させなきゃいけない、そういった時が多々あります。

これは男性と女性の観点が大きく違うので、男性側からしてみれば理解してほしいところです。なのでもし相手が仕事中だとか忙しいとわかっている時間帯に、既読が付いたのにスルーされた、ということが起こってもあまり気にしないほうがいいです。未読であればただ見てないだけの可能性もあります。

既読が付くというのは

忙しくても内容を読みたくなるくらい気になってる

という可能性もあります。ポジティブに捉えたほうがいいです。後でさりげなく聞いてみてください。

返事遅かったね?

ゴメン、仕事で忙しくて・・・

こういう時は自分の言いたいことをまずは我慢して少し大人になってみて、忙しいのにいつも相手してくれてありがとう、と言ってみてください。きっと男性はキュンキュンしてしまいます!絶対に今よりも仲よくなれる魔法の一言です。

急ぎの用じゃなかったから返事を後回しにした

急ぎの用件じゃないと男性はすぐに返事しなければいけないとあまり思わないようです。一般的に多い既読スルーはこれではないでしょうか。既読付けたのに後でいいやって思われることは意にそぐわないかもしれませんが、ただ単に返事が欲しかったりもっとコミュニケーションを取りたい時はもっと素直に言ったほうがいいです。

女性が思ってるほど男性にはそこまで気持ちは伝わりません。

逆に素直に甘えられると男性もキュンキュンしちゃうのでたまには甘えてもいいと思います。

返事を送る必要性を感じなかった

先程の項目と似通ったところがありますが、あなたの意図が伝わらないと既読を付けても男性は返事を返さなくてはという気持ちにはなりません。

特にスタンプを多様すると既読はついても返事がなくなることが多いはずです。

普段スタンプを使ってノリよく返事が返ってくる男性であれば問題ないと思いますが、普段それほどスタンプを使わない男性にとってはスタンプでの会話は意味わかりません。なので既読スルーをしてしまうことが多いようです。スタンプはかわいいけれどそちらが目立ってしまって自分の気持ちが伝わりにくい一面があるのかもしれませんね。

スタンプ後に既読スルーされたり返事が来なくなったときは、スタンプじゃなくちゃんとした言葉で話すようにしましょう。

LINEの返事がすぐ来るから区切りがつかない

LINEってメールよりレスポンスが早いのでチャットに近い状態です。なので良くも悪くもずっと会話が続いてしまい、

忙しい時にはキリがないと感じてしまうことは多々あります。

そういった時は段々わずらわしくなってくるので、既読スルーしたり面倒くさくなって返事を返さなくなったり未読スルーしたりする男性が多かったです。ずっとLINEを続けてしまいがちな方は、たくさん話したい時は相手の時間も気遣うようにしましょう。そうすると男性側も気遣ってくれてるといつか気づきます。

思いやりがある女性はポイントが高いので、出来る女に近づくためにも相手を気遣う思いやりを持ってLINEしてみてください。

既読スルーした意識はなかった

これも男性側にはよくありがちな意見でした。既読は付けたけど無視したつもりはない、要は会話が終わったと思って返事をしないと考えるようです。

男性は既読さえつけておけば読んだってわかるしいいだろう、と考えている人が思いのほか結構いました。

返事をしなければいけないという意識が女性に比べると圧倒的に男性側は低いです。ましてやLINEやメールは文章なのできちんと意図が伝わらり切らない状況は起こりえます。

一緒にいるときであれば返事待ちの雰囲気で察することができてもLINEだと顔が見えないので仕方ない部分ではあります。既読のまま返事がなくなることが多いのであれば、ちゃんと質問を投げかけたり疑問形で終えるようにしてみましょう。

返事を考えていた

返事に困る質問したりすると当然返信は遅くなります。それを既読スルーと感じてしまっている可能性はあります。あなたが何気なく聞いたことでも実は男性側にしてみれば深く考えていた、というのはありがちです。男性は理屈っぽい人が多いので、女性よりも深く考え込みやすいそうです。

質問の返事が既読がついてから遅い時は

考えさせちゃってゴメンね

って言ってみてください。

答えがすぐに出なくてゴメンね

とか自分の返事が遅い理由がちゃんと返ってくれば別段問題ないことです。そういった場合は質問する際に少し気を遣ってあげましょう。

興味がない

これは聞きたくないことだと思いますが、興味がない相手には当然既読スルーが多くなったり、読んではいるけど返事がくるのが遅くなります。時には未読のまま無視されることもあるかもしれません。

これは男性も女性も同じだと思いますが、暇なときは付き合うけど忙しい時は優先度は低くなるということです。もしあなたがその男性に気があってLINEしているのなら、まだ女性として意識してもらう段階までたどり着けてないので相手に興味を持ってもらえるよう頑張るところから始めましょう。

LINEをそれほど重要視していない

みんながみんなそうとは言いませんが、実は男性はずっとメールやLINEを続けたいと思うほどLINEが好きなわけではありません。

マメな男性はモテる、とよく聞きませんか?

マメに返事をする男性は少ないことの裏返しでもあります。

男性は同じ時間を使うなら会ったほうがいいと考えるからです。これも男性思考と女性思考の違いなんでしょう。

女性はいつでも繋がっていたいという意識を持っている方が少なくないですが、男性はメールやLINEで繋がってると感じる方は少ないと思います。合理的主義者が多いので、それなら会おう、となるわけです。性格によると思いますが、合理的に物事を考える方なら返事が遅かったり既読スルーだったりしても仕方ないのかもしれません。

まとめ

様々な理由が出てきましたが、シチュエーションによって既読スルーする理由は違っていることがわかりました。

男性にとっての既読スルーと女性にとっての既読スルーの意味合いも少し違いがあることもよくわかりました。

また、これは性別関係なく同じだと思いますが、相手の立ち位置(異性として意識されているか)によって、返事をしなくてはいけないと思う気持ちの強さは変わってきます。

以上のことから既読スルーを考える前に、まずは自分の立ち位置(どの程度重要視されているか)を考えてみてください。まだ付き合う前で相手にとってどのくらいの存在なのか、付き合ってはいるが期間が長くて飽きられていないかなど。状況を把握したうえで既読スルーや未読スルーされないよう、LINEでどのように接するかを考え直してみるといいと思います。

 - LINE, 恋愛関連 ,