utalog

~思いついたことをそのままに~

*

【SMAP】メンバーが肉声でコメント。木村拓哉のコメントだけが違う理由。

   

8月14日のSMAP解散発表から1週間が経ちました。SMAP解散についてはすでにFAXでコメントが出されていますが、解散発表から1週間がすぎようやくそれぞれのメンバーがラジオで肉声によるコメントを発表し終えました。解散発表から初めての肉声が聞けて安心したり喜んだファンの方が多かったと思います。しかしここでもやはり違和感を感じてしまうのはもはや仕方ないことなのかもしれません。

SMAP_解散理由

  • SMAPメンバーの肉声コメント。木村拓哉だけがFAXのコメントと違う内容を発言。
  • ラジオでの肉声コメントが木村拓哉だけ違う理由

SMAPメンバーの肉声コメント。木村拓哉だけがFAXのコメントと違う内容を発言

稲垣吾郎がまず18日にラジオの「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」でSMAPの解散に触れました。続いて木村拓哉がハワイで収録した肉声コメントを19日「木村拓哉のWhat’s up SMAP」で発表。そして20日には中居正広が「中居正広のSome girl’s SMAP」で肉声コメントを発表。そして香取慎吾は「SmaSTATION!!」でコメントを発表するかが注目されましたがSMAPの解散について触れることなく、21日に草彅剛と共に「SMAP POWER SPLASH」で肉声により解散コメントを発表。

稲垣吾郎、木村拓哉の流れまではよかったのですが、中居正広の肉声コメントがFAXと全く同じでした。しかし、リオオリンピックの司会をやっているので、リオオリンピックの時期に解散発表をしたことについての謝罪を付け加えていた。そして注目された最後の香取慎吾と草彅剛の肉声コメント。しかしこれまたFAXの内容と同じ。しかも原稿を読んでいるかのような全く同じ文言。木村拓哉の発言だけがFAXのコメントとは全く異なっているので何か理由があるのではないかと考えてしまいますよね。

そしてみんなが聞きたい解散の理由についてはSMAPメンバーの口から語られることは一切ありませんでした。

ラジオでの肉声コメントが木村拓哉だけ違う理由

今回の肉声コメントもやはり「木村拓哉だけが」違う発言をしています。理由はいくつかあると思います。

まずひとつは前回のFAXでのコメントが不評だったこと。それに対して今回の木村拓哉のコメントは優等生です。キチンとファンに謝罪をしています。そして解散という言葉を木村拓哉だけが使わないことでSMAPに対する執着、つまりSMAPの解散は不本意ということを表しているのではないかと思います。

しかし他のメンバーは解散発表にコメントしたFAXの内容と同じ。これは木村拓哉だけが特別に自由なコメントをしてもいいと許されていたのか、もしくは予めジャニーズ事務所が用意した台本のようなものがあったのかどちらかです。どちらにせよ木村拓哉だけが特別扱いという感じに映ってしまいますよね。

昨日SMAP解散はもっと前に決まっていた?理由もすべてはシナリオ通り?にも書きましたが、どうにもジャニーズ事務所が裏で操作しているような気がしてなりません。メンバーは既に9月で切れる契約を更新しています。ここで勝手な行動を取るとジャニーズ事務所内で肩身の狭い思いをしなければいけなくなるのでジャニーズ事務所の指示通りに動かざるを得ません。

ジャニーズ事務所としては騒動を綺麗に収めたいと考えるが普通です。その為にどうしたらいいかということは考えていると思います。今後の事を考えると木村拓哉のイメージは落としたくないというのが本音だと思います。しかし1月の謝罪会見で大いに失敗し世間的に木村拓哉は裏切り者というイメージが定着してしまいました。何とかイメージを回復しようと熊本への炊き出しに参加させたりと躍起になっていますが負のイメージが強すぎて木村拓哉のイメージはマイナスのままです。木村拓哉だけを他のメンバーと違った扱いをしている限り、木村拓哉のイメージが回復することはないのかもしれない。

ジャニーズ事務所が騒動を収めようとコントロールすることは冷静に考えると当たり前なのですが、不条理さを感じてしまうのでそれほどSMAPのファンではないという方も気になっている方が多いように思います。

 - 男性歌手, 芸能