utalog

~思いついたことをそのままに~

*

アディーレ法律事務所「今だけ無料」でアウト!何が問題だったのか!?

      2017/04/12

よくテレビのCMで見かけるアディーレ法律事務所。過払い金返還訴訟を大々的に取り扱っているアディーレ法律事務所だが「今だけ無料」と謳っていることが今回引っかかってしまったようです。

  • 5年間「今だけ無料」でアディーレ行政処分。何が問題だったのか!?
  • アディーレ法律事務所に対する同業からの指摘が今回の発端か!?
  • てるみくらぶの内定取り消し者採用に影響は!?

5年間「今だけ無料」でアディーレ行政処分。何が問題だったのか!?

「今だけ無料」は消費者を焦らせる手法でアディーレ法律事務所だけでなく様々なところで見かけますよね。いわゆる「閉店セール」といいつつ閉店しないお店も同じです。

今回アディーレ法律事務所のCMの何が問題だったかというと「今だけ無料」を「5年近く継続的に実施していたこと」が問題視されたようです。「今だけが無料が5年、今っていつ?」って思ってしまいますよね。いわゆる「景品表示法違反」です。ネット回線やケーブルテレビでさえこの手法を継続的に行うのは法的によくないと知っているのでキャンペーン内容をチョコチョコ変えますよね。それを法律を専門としているアディーレ法律事務所が継続して行ってきたことについて問題は大いにアリだと思います。アディーレ法律事務所の中にはさすがに気付いている弁護士もいたでしょうし、もし誰も気付かずに継続的に5年間も「今だけ無料」をやっていたのであればもっと問題ですよね。さすがに依頼者は減ると思います。

法的にはアウトなのですがクレームがつかない限り「今だけ無料」は取り合わないことが多いです。「今だけ無料」は消費者側は損をしたという認識は低いです。なのでクレームに発展するケースはほとんどありません。だから街でもずっと閉店セールが行われている店があるわけです。ではアディーレ法律事務所の「今だけ無料」がどうして今回問題になってしまったのでしょうか?

アディーレ法律事務所に対する同業からの指摘が今回の発端か!?

過払い金返還請求について相談した方で「今だけ無料」についてクレームを入れる方はほとんどいないと思います。そう、「消費者なら」です。消費者が別に損をするわけではないですから。では今回どうしてアディーレ法律事務所が行政処分され代表弁護士らに懲戒審査相当の処分が出されたのか?

これは身内、つまり他の弁護士や法律事務所からアディーレ法律事務所に対する警告の様なものではないかと思います。

アディーレ法律事務所は「今だけ無料」のCMを5年間継続して流してきたわけです。元が取れなければ5年間も継続してCMを流したりはしませんよね?ではCMを流すことによって「得られるメリット」とは何か?

CMによる恩恵は「知名度アップ」、それによる「依頼者の増加」ではないかと思います。

メールや電話で依頼が増えることのメリットは「仕事が枯渇しない」ということではなく「仕事が選べる」ということです。弁護士の数には限りがあります。依頼が多くなって来れば当然すべての仕事を請け負うことは出来なくなってきます。すると次に生じるのは「内容重視の仕事選び」、つまり「利益がどれくらい出るか」ということで仕事を選べるようになります。「利益が少ない案件」に関しては「忙しいからこの案件に関しては取り扱うのはずっと先になります。他の法律事務所にお願いしたほうがいいですよ。」と体よく断ることもできますし、「これだとほとんど戻ってきませんよ」と言われ断られてしまうかもしれません。そうした方々が他の法律事務所に相談に行ったらどうなるでしょうか。他の法律事務所には「利益が少ない案件」が多く流れてくることになるわけです。当然他の法律事務所は面白くありませんよね。派手にやり過ぎたというやつです。弁護士会にクレームが多くなれば弁護士会が動くのは当然の流れだと思います。過払い金返還訴訟に関しては問題がないので問題をある部分を付いてきたといったところでしょうか。

個人的な推察ですが、これが今回の一連の流れではないかと思います。

てるみくらぶの内定取り消し者採用に影響は!?

今回気になるのは先日経営破綻した「てるみくらぶ」に内定していた方々のこと。「てるみくらぶ」は経営破綻したのでこの時期に内定が取り消しになりました。アディーレは「てるみくらぶ」に内定していた新卒者を選考無しで採用すると表明したばかりです。

法律事務所が景品表示法違反を行っていたということでアディーレの評判は今よりは落ちることになると思います。流石に今更「てるみくらぶ」経営破綻に伴う内定取り消し者採用を取り下げたりはしないと思いますが、採用された方は不安に思うかもしれませんね。安心して働けるように是非とも心のケアをしっかりしていただきたいと思います。

 - ニュース , ,