utalog

~思いついたことをそのままに~

*

【WBC】山田の第3打席はビデオ判定。ホームラン?2塁打?

      2017/04/12

WBC第1戦のキューバ戦。前半の投手戦が後半は乱打戦になりましたが、見ごたえがある試合だったと思います。何はともあれ初戦を勝利することが出来てうれしいですよね。しかし気になるのは山田の第3打席。ビデオ判定になりましたが、少年がナイスキャッチした山田の打球はホームランなのか2塁打なのかどっちだったか気になる方も多いのではないでしょうか?そこで検証してみました。

WBCキューバ戦幻のホームラン1

山田の第3打席はホームラン?ビデオ判定は?

テレビで見ている分だとホームランだと思って喜びましたがビデオ判定となり雲行きが怪しくなった山田の第3打席。理由は少年のナイスキャッチ。実はスタンドインしていなかったのではないか、ということでビデオ判定となりました。

ボールが跳ね返ってこないのでホームランかと思いましたが実は山田の打球を少年がナイスキャッチ。これによりビデオ判定へ。

WBCキューバ戦幻のホームラン1

ここで手を引っ込めていれば山田の第3打席はホームランだったかもしれないと解説者の方が言っていました。実はこの後少年は手を伸ばしていたのでボールの勢いで手がフェンスの方に持ってかれています。

WBCキューバ戦幻のホームラン2

これがまずかった。しかし審判よく見ていましたよね。さすがです。そしてビデオ判定に突入。ビデオ判定で見てもホントギリギリで山田の第3打席はどちらとも取れそうな状況ですよね。

WBCキューバ戦幻のホームラン3

少年のグラブに収まる少し前の画像。しかし取った際には少年の腕はもう少し伸びています。

WBCキューバ戦幻のホームラン3-1

これが取った瞬間の画像。ホント微妙です。ちょっと荒いですがキャッチしているシーンとボールが落ちてきているシーンをくっつけてみました。

WBCキューバ戦幻のホームラン3-2

放物線を描いていることを考えると、個人的にはスタンドインはしていないのではないかと思います。実際にビデオ判定では2塁打になりましたし、解説の方々もビデオ判定を見てホームランとは言っていませんでした。プロの審判の方々の判断なのでスタンドインはなかったのではないでしょうか。逆にこの少年がナイスキャッチした後手を引っ込めていればナイスプレイとして語られたかもしれませんね(笑)

ただ、インプレーでプレイ続行だったら山田なら3塁まで行けたかもしれないという意見は否定しません。とりあえず日本の勝利で終わったのでよかったです。

ちなみにナイスキャッチした少年はというとこの後警備員の方にお叱り?注意?を受けてうなだれていたそうです。ホームランが来たら取ろうとしてグラブを持ってきていたくらいなので余程WBCの日本戦を楽しみにしていたのでしょう。こういったケースはまれに目にするのでグラブ持ち込み禁止にするか、そのままグラブインしたボールはホームランにしてしまえばいいと思うのは私だけでしょうか。

 - スポーツ, 野球 ,